記憶能力をアップさせるポイントとは | 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

記憶能力をアップさせるポイントとは

古代ギリシアの有名な詩人であったアイスキュロスの場合、
古代の彫刻がアイスクリームを食べている姿を想像してみましょう。
強烈なイメージが頭に駆け巡りましたね。
アイスキュロスといとも簡単に覚えましたね。

かえって記憶の対象とかけ離れたイメージのほうが記憶に残るものです。

日ごろから暗記は不得意だ、
なかなか間単に覚えることができない、
すぐに忘れてしまうと、
悩んでいる人は多いでしょう。

しかし、自分が気づいていないだけで、
もともと脳は驚くべき記憶能力を持っています。

記憶が不得手な人は、もちろん頭が悪いのではなく、
そのもっている記憶能力を十分に活用し、
引き出すことができていないだけなのです。

ここで重要なことを述べましょう。
記憶能力を向上させるポイントは、
ビジュアルにイメージを想起させることです。

人の名前を覚える場合を考えてみましょう。
単に名前を覚えようとしても、覚えにくいものです。
名前だけでなく、
その人の顔立ちやスタイル、ちょっとした癖、
会った時に着ていた服装や、そのときの印象深い言葉などを、
名前と関連付けて、頭にイメージさせれば、
楽に覚えやすくなります。

これを記憶能力向上に活用するのです。

そのとき、
記憶する対象に相応しいイメージである必要はありません。
まったく関係がないイメージを無理やり、
こじつけ関連付け、結びつけても問題ありません。
かえって
記憶の対象とかけ離れたイメージのほうが記憶に残るものです。

具体的に説明しましょう。
古代ギリシアの有名な詩人であったアイスキュロスの場合、
古代の彫刻がアイスクリームを食べている姿を想像してみましょう。
強烈なイメージが頭に駆け巡りましたね。
アイスキュロスといとも簡単に覚えましたね。

このようにどれだけイメージとして頭に刻み込むことができるのか、
それが記憶能力をアップさせるための最大のコツとなるでしょう。

ぜひとも、このポイントを上手に身につけたいものです。

ゲームのような面白さと感覚で、記憶力を高めたい人は、
すぐに活用してみてください。

↓↓↓

          
          
          
          
          
          
しちだ教育研究所が35年という年月をかけて
研究開発した記憶メソッドを全面的に取り入れ、60パターン600フレーズという
膨大な英会話フレーズを完全記憶する方法の開発に成功しました。

これだけのフレーズを完全に記憶してしまえば、
あとはシーンに応じて単語を入れ替えるだけで、
どんな場面でも英会話が簡単にできるようになってしまいます。

七田式の実績(文化功労賞、日本アカデミー賞、国連平和賞)がその効果を保証します。

世界の「七田式」の最新英語教材。600のネイティブ英会話フレーズを
60日で完全記憶して英会話マスター

          
          
          
          
          
          
          

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

大量の情報を急速に長期に記憶するための技術 TOP » 人生を変える記憶術のノウハウ 【英会話 最短マスター記憶術】 » 記憶能力をアップさせるポイントとは