有名難関大学に合格する知力とは何でしょう? | 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

有名難関大学に合格する知力とは何でしょう?

贅沢で恵まれた環境が、
必ずしも知力・学力アップに、
直結するとは限らないのです。

いまからでも知力を高めようと意識すれば、知力は確実に伸びます。

大学で何を学んだかはさておいて、
どの大学を出たか、専門は何だったのかは、
今後のその人の人生に大きな影響を与えます。
どの大学を卒業したかは、ある程度、
その人の知力を測る上で、
ひとつの判断基準になるといってもよいでしょう。

合格率が低く難関な大学に合格できる人は、
生まれたときから知力が高い人であり、
合格できない人は知力が、そんなに優れていない人、
だから、どんなに頑張って努力しても、
おのずと限界がみえてくる。
一般的にはそのような考え方が支配的であります。

ですからなおさらに、
難関大学に合格するだけの知力というものが
必要不可欠になってきます。

しかし、知力は生まれつきの才能ではなく、
後天的に努力して得られるものであり、
さらには勉強の方法に大きく影響されます。

特筆すべきは勉強する環境であります。
特に自ずから勉強するような環境作りが重要です。

難関大学に合格する子供は
1人部屋で勉強しているのではなく、
家族と一緒の部屋で勉強していることが
多いといわれています。
家族といることが自然と
勉強する環境に整っているからです。

贅沢で恵まれた環境が、
必ずしも知力・学力アップに、
直結するとは限らないのです。

ほかに、夜更かしや朝寝といった、
自然の摂理に逆らうような生活習慣は、
勉強の効率を大幅に低下させますので、
そのような環境には十分注意する必要があります。

普段の日常生活の中で、
自然と勉学に励む環境や習慣があるのか、
つまり、難関大学に合格する知力とは、
勉強をするぞと構えるのではなく、
また勉強を特別なものと扱わず、
日常の習慣として捉えることができるかにかかってきます。

いまからでも知力を高めようと意識すれば、
知力は確実に伸びます。
今このレポートで知力を高めるポイントを
しっかりと押さえておいてください。

↓↓↓

          
          
          
          
          
          
しちだ教育研究所が35年という年月をかけて
研究開発した記憶メソッドを全面的に取り入れ、60パターン600フレーズという
膨大な英会話フレーズを完全記憶する方法の開発に成功しました。

これだけのフレーズを完全に記憶してしまえば、
あとはシーンに応じて単語を入れ替えるだけで、
どんな場面でも英会話が簡単にできるようになってしまいます。

七田式の実績(文化功労賞、日本アカデミー賞、国連平和賞)がその効果を保証します。

世界の「七田式」の最新英語教材。600のネイティブ英会話フレーズを
60日で完全記憶して英会話マスター

          
          
          
          
          
          
          

今できることを先延ばしにするのも自由ですが、
手に入れることが今ならできます。
          
         
           
            
           

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

大量の情報を急速に長期に記憶するための技術 TOP » 人生を変える記憶術のノウハウ 【英会話 最短マスター記憶術】 » 有名難関大学に合格する知力とは何でしょう?