記憶力を10分間で向上させるテクニックとは! | 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

記憶力を10分間で向上させるテクニックとは!

暗記するとき
文字や数値処理の得意な左脳を酷使すのは避けて、
右脳をどれだけ活用することができるかが
カギとなります。

ずばり、10分で記憶力を上げる方法とは、速読術を使うことです。

もって生まれた記憶力をあげるなんて無理だと、
そう考えている人が大多数だと思います。

そう思っている人に
10分間で記憶力を上げるといったところで、
すぐに信じることは到底出来るものではありません。

しかし、人間の脳の能力を最高に使うことで、
短時間で記憶力を向上させることは可能となるのです。

さて、記憶力でポイントとなるのは、2つです。
情報処理の能力と右脳の活用方法であります。

記憶すべき情報を、
いかに能率的に高効率で処理をし、
頭に入れることがことができるでしょうか?

また、
暗記するとき
文字や数値処理の得意な左脳を酷使すのは避けて、
右脳をどれだけ活用することができるかが
カギとなります。

ずばり、
10分で記憶力を上げる方法とは、
速読術を使うことです。

速読することは、
情報処理を速く行うことで、
右脳も活発に働いていることになるのです。

速く読む能力を高めることで、
右脳を10倍以上にも
処理能力を上げることも可能となります。

モノゴトが頭に残らない、
物忘れが激しいと思っている人は
速読術で記憶力アップを
実践してみるのもよいかと思います。

正直な話、
だれでも10分間だけで
記憶能力アップは厳しいと思いますが、
その十倍の100分間あれば、
何が脳にとって重要かの気づきが得られます。

↓↓↓

          
          
          
          
          
          
しちだ教育研究所が35年という年月をかけて
研究開発した記憶メソッドを全面的に取り入れ、60パターン600フレーズという
膨大な英会話フレーズを完全記憶する方法の開発に成功しました。

これだけのフレーズを完全に記憶してしまえば、
あとはシーンに応じて単語を入れ替えるだけで、
どんな場面でも英会話が簡単にできるようになってしまいます。

七田式の実績(文化功労賞、日本アカデミー賞、国連平和賞)がその効果を保証します。

世界の「七田式」の最新英語教材。600のネイティブ英会話フレーズを
60日で完全記憶して英会話マスター

          
          
          
          
          
          
          

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

大量の情報を急速に長期に記憶するための技術 TOP » 人生を変える記憶術のノウハウ 【英会話 最短マスター記憶術】 » 記憶力を10分間で向上させるテクニックとは!