右脳を活用する記憶法について | 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

右脳を活用する記憶法について

記憶にほとんど使われていない
右脳の能力を引き出すためにも、
右脳を重視した記憶法は、
非常に重要なポイントとなります。

右脳で視覚やイメージで印象付けた方がより記憶の効率がアップします。

結論を言いますと、
記憶力を向上させるためには、
右脳を活性することが大切です。

左脳は、言語能力や理解力など
論理的な面を司っています。

したがって、勉強や暗記作業のときには、
重点的に左脳が使われる場合が多いのです。

それに対して、右脳は、視覚認識やイメージ力など
感覚的な面を司っています。

右脳は、ややもすれば、
記憶する時に使われないことも多々あります。

しかし、右脳は左脳と比較すると、
処理能力の面で格段に優れています。

さらに右脳で視覚やイメージで
印象付けた方がより記憶の効率がアップします。

つまり、右脳を使うことが
記憶の重要なカギとなることを、
十分に理解することが必要です。

ここは非常に大切なポイントですので、
繰り返しておきます。

左脳は、
言語能力や理解力など論理的な面を支配している。

右脳は、
視覚認識やイメージ力など感覚的な面を支配している。

上記の説明でお分かりになりますように、
右脳を重視した記憶法として、
ビジュアルやイメージを活用した方法があります。

文字情報とイメージや絵を、
同時に、頭にインプットさせる方法です。

一般的にはカードなどを利用したものがありますが、
最近ではパソコンでできるプログラムも登場しています。

パソコンなら音声を加えることによって
さらに右脳の働きを活性化させることができます。

記憶にほとんど使われていない
右脳の能力を引き出すためにも、
右脳を重視した記憶法は、
非常に重要なポイントとなります。

あなたは右脳を活用する方でしょうか? 
それとも左脳を使うほうでしょうか?

↓↓↓

          
          
          
          
          
          
しちだ教育研究所が35年という年月をかけて
研究開発した記憶メソッドを全面的に取り入れ、60パターン600フレーズという
膨大な英会話フレーズを完全記憶する方法の開発に成功しました。

これだけのフレーズを完全に記憶してしまえば、
あとはシーンに応じて単語を入れ替えるだけで、
どんな場面でも英会話が簡単にできるようになってしまいます。

七田式の実績(文化功労賞、日本アカデミー賞、国連平和賞)がその効果を保証します。

世界の「七田式」の最新英語教材。600のネイティブ英会話フレーズを
60日で完全記憶して英会話マスター

          
          
          
          
          
          
          

自分に適した記憶法を身につけることが大切ではありますが、
左脳と右脳の働きを意識して脳を最大限に活用しましょう。
        
        
           
            

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

大量の情報を急速に長期に記憶するための技術 TOP » 人生を変える記憶術のノウハウ 【英会話 最短マスター記憶術】 » 右脳を活用する記憶法について