記憶術と心理学者エピングハウスの実験について | 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

記憶術と心理学者エピングハウスの実験について

このデータによれば、
勉強してから1時間後まで、
記憶している単語は50%程度、
さらに、1日後だと20?30%程度まで
低下してしまいます。

エピングハウス実験データ「忘却曲線」を理解し勉強方法を見直しましょう。

心理学者エピングハウスを知っている人も多々いるかと思います。
有名な忘却曲線を発表した人です。

ここに、人間の記憶力を知る上で、とても役に立つデータがあります。

先ほど述べた心理学者のエピングハウスという人が行った実験の結果に基づく
人間の記憶力をひも解くうえで重要なデータです。

有名なこのデータは「忘却曲線」と呼ばれているもので、
勉強した単語をどの期間、記憶を保持しているかを科学的に示したものです。

このデータによれば、勉強してから1時間後まで、
記憶している単語は50%程度、
さらに、1日後だと20?30%程度まで低下してしまいます。

非常に興味深いことは、それ以後1ヶ月後まで
この20?30%という割合は一定のままほとんど変わらないことです。

すなわち、最初の1日で曲線は20?30%まで急激に落下し、
それ以後は、一定のまま維持することになります。

これから分かることは、暗記を確実に維持したい場合に、
まず1時間後に確認を、そして1日後に再び確認することが
大きなポイントになります。

復習する時間間隔の目安になりますね。

このデータに個人差はほとんどないと言われており、
記憶力のよしあしは記憶を保つための勉強法に
優れているかどうかで決まります。

つまり、方法を知って行動するか、しないかの、
それだけの差で、記憶に大きな相違が出てくるということです。

個人の差がないというのも大きなポイントです。

よって、勉強のやり方次第で、個人差に関係なく、記憶力アップは可能なのです。

この心理学者エピングハウス実験データ「忘却曲線」をよく理解し、
ぜひあなたの勉強方法を見直してみてください。

勉強方法を変えるだけで、驚くほどの記憶力UPが期待できる、その方法とは・・・!

↓↓↓

          
          
          
          
          
          
しちだ教育研究所が35年という年月をかけて
研究開発した記憶メソッドを全面的に取り入れ、60パターン600フレーズという
膨大な英会話フレーズを完全記憶する方法の開発に成功しました。

これだけのフレーズを完全に記憶してしまえば、
あとはシーンに応じて単語を入れ替えるだけで、
どんな場面でも英会話が簡単にできるようになってしまいます。

七田式の実績(文化功労賞、日本アカデミー賞、国連平和賞)がその効果を保証します。

世界の「七田式」の最新英語教材。600のネイティブ英会話フレーズを
60日で完全記憶して英会話マスター

          
          
          
          
          
          
   

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

大量の情報を急速に長期に記憶するための技術 TOP » 人生を変える記憶術のノウハウ 【英会話 最短マスター記憶術】 » 記憶術と心理学者エピングハウスの実験について