記憶力が良いとか悪いとかは、何をもとに判断するのでしょうか? | 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

記憶力が良いとか悪いとかは、何をもとに判断するのでしょうか?

意識して時間をおいて反復して思い返す、
ここをおさえておけば、
記憶力をアップさせることは充分可能です。
ふだんの生活で試みてみましょう。

決して記憶力が悪いのではありません、この反復学習法を、実践していないだけなのです。

世の中には記憶力のよい人とそうでない人がいます。

ほとんどの人は自分は強い記憶力が備わってないと思いこんでいるのではないでしょうか。

この記憶力、生まれつきの才能だと思っている人も多いようですが、
科学的にもそのようなことはありません。

記憶力に関係する有名なデータに「忘却曲線」というものがあります。

覚えた単語がどれぐらいの時間で忘れるかという平均値を示したものです。

これによると覚えてから1時間後に50%を忘れ、
1日後には25%しか覚えていないことになっています。

驚くことに、この傾向に個人差はほとんどないということです。

すなわち、記憶力抜群の人でさえ、物覚えの悪い人でさえ、
同条件下では、記憶は時間が経てば忘れてしまうものなのです。

それでは、なぜ人によって記憶力の良い悪いがでてくるのでしょうか?

それは記憶力が良い人は適時覚えた記憶を思い返しているからです。

1時間後に50%を忘れる前に、
記憶を思い出して反復すればいいわけです。

記憶力が悪い人は1度覚えたら、それで満足というケースが多いのです。

つまり、意識して時間をおいて反復して思い返す、
ここをおさえておけば、記憶力をアップさせることは充分可能です。

ふだんの生活で試みてみましょう。

決して記憶力が悪いのではありません、
この反復学習法を、実践していないだけなのです。

↓↓↓

          
          
          
          
          
          
しちだ教育研究所が35年という年月をかけて
研究開発した記憶メソッドを全面的に取り入れ、60パターン600フレーズという
膨大な英会話フレーズを完全記憶する方法の開発に成功しました。

これだけのフレーズを完全に記憶してしまえば、
あとはシーンに応じて単語を入れ替えるだけで、
どんな場面でも英会話が簡単にできるようになってしまいます。

七田式の実績(文化功労賞、日本アカデミー賞、国連平和賞)がその効果を保証します。

世界の「七田式」の最新英語教材。600のネイティブ英会話フレーズを
60日で完全記憶して英会話マスター

          
          
          
          
          
          
          

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

大量の情報を急速に長期に記憶するための技術 TOP » 人生を変える記憶術のノウハウ 【英会話 最短マスター記憶術】 » 記憶力が良いとか悪いとかは、何をもとに判断するのでしょうか?