能率的で効果的な頭脳の働かせ方とは? | 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

能率的で効果的な頭脳の働かせ方とは?

たとえば、匂いは強烈な記憶を残すものです。
良い匂い、悪い匂い、それが強ければ強いほど、
印象に残り、忘れないものです。

成績アップを狙うなら、楽しんで=楽(らく)して、勉強しましょう!

学校や会社での成績のいいひと、世間的な評価でいう「頭のいい人」は、
生まれつき才能に恵まれているというよりも、
後天的に頭の働かせ方がうまいケースが多いようです。

こういった人たちは意識・無意識を問わずに、
頭を効果的に働かせる方法を知っているのです。

それでは頭脳を効果的に活用させるためにはどうすればよいのでしょうか。

2つポイントがあります。
五感の活用と適度な反復です。

五感とは、見る、聞く、嗅ぐ、味わう、触れることですね。
この五感の活用とは何かといいますと、
五感全体を使って有効的に活用することです。

たとえば、匂いは強烈な記憶を残すものです。
良い匂い、悪い匂い、それが強ければ強いほど、
印象に残り、忘れないものです。

また音も記憶に残りやすいものですね。

なかなか覚えられない名前や漢字や難しい単語も、
音や匂いをいっしょににすることで、すぐに覚えることができます。

そういった五感をうまく活用する日ごろの心がけが大切で、
後で大きな差となって現れます。

次に、反復です。
どんなに頭がいい人でも時間が経てば忘れてしまいます。
適度に思い返して、記憶を反復することで記憶を強化することが必要です。

短期間に集中して頭に叩き込むのではなく、
適度に感覚をあけて何度も反復することによって
継続的な記憶力を保つことができます。

反復して覚えることは科学的にも証明されていますので、
別の記事で説明します。

こういった効果的な頭の働かせ方を身につけることによって
成績を大幅に達成することや、「頭のいい人」という
世間的な評価を得ることができます。

成績アップを狙うなら、楽しんで=楽(らく)して、勉強しましょう!

↓↓↓

          
          
          
          
          
          
しちだ教育研究所が35年という年月をかけて
研究開発した記憶メソッドを全面的に取り入れ、60パターン600フレーズという
膨大な英会話フレーズを完全記憶する方法の開発に成功しました。

これだけのフレーズを完全に記憶してしまえば、
あとはシーンに応じて単語を入れ替えるだけで、
どんな場面でも英会話が簡単にできるようになってしまいます。

七田式の実績(文化功労賞、日本アカデミー賞、国連平和賞)がその効果を保証します。

世界の「七田式」の最新英語教材。600のネイティブ英会話フレーズを
60日で完全記憶して英会話マスター

          
          
          
          
          
          
          

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

大量の情報を急速に長期に記憶するための技術 TOP » 人生を変える記憶術のノウハウ 【英会話 最短マスター記憶術】 » 能率的で効果的な頭脳の働かせ方とは?