英単語・熟語を大量に記憶する方法とは | 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

英単語・熟語を大量に記憶する方法とは

必要最低限の基本単語を把握し、
その後は、英文の読解を行いつつ、文章で出会った単語や、
文脈の中で覚えた単語を、そのつど再確認していって、
語彙を増やすというやりかたで記憶を強化することもできます。

基本英単語を覚えるのが不得意な方は、こノウハウを読んで見ますと、新たな面白い気づきを入手できます。

私はこれまで英語については、仕事上必須なため、
かなりの時間とコストをかけてきました。

その私が確信もっていえるのは、英語を勉強していく上でもっとも基礎となるのが、
当たり前ですが、英単語につきるということです。

英単語が、分からない、知らない、理解できない、となると全く先に進めません。

でありますので、少しでも多くの英単語を覚えていくことが基本中の基本となります。

では、その英単語の覚え方ですが、まず派生語を理解するのもひとつの方法です。

英語は同一の語源から派生した単語が多数あります。

形容詞形や副詞形を把握しておくことも不可欠です。

これだけで相当の数の英単語を効率よく身につけることができるでしょう。

一例をあげましょう。

◆ imaginable / imaginative / imaginary 
  これらは、imagine(想像する)の派生語です。

◆ また、形容詞の接尾辞も記憶に大いに役立ちます。
  -ful(?に満ちた)、-able(?できる)、-tive(?に富んだ)

私も学生の時やりましたが、単語カードを作って、
めくりながら集中的に覚える方法です。

自分で作って自分で覚えるので、かなり効率的に暗記できますが、
一度にたくさんの英単語を叩き込んでも、すぐに忘れてしまいます。

その対策には、まず、必要最低限の基本単語を把握し、
その後は、英文の読解を行いつつ、文章で出会った単語や、
文脈の中で覚えた単語を、そのつど再確認していって、語彙を増やすというやりかたで
記憶を強化することもできます。

そうしたらまた新たに英単語を暗記し、読解で再確認していく、これを繰り返す。

この繰り返しで英単語のボキャブラリーと
読解力を同時に身につけていくことができます。

このやり方は、最強のボキャビュラリー増強の方法です。

しかし、そこに行きつく前に、まずは基本英単語を一定数とあるレベルまで、
完全に自分のものにする必要が絶対にあります。

このように、英単語は広く浅く覚え、少しずつ深化させていくことがポイントです。

基本英単語を覚えるのが不得意な方は、
このレポートを読んで見ますと、新たな面白い気づきを入手できます。

↓↓↓

          
          
          
          
          
          
しちだ教育研究所が35年という年月をかけて
研究開発した記憶メソッドを全面的に取り入れ、60パターン600フレーズという
膨大な英会話フレーズを完全記憶する方法の開発に成功しました。

これだけのフレーズを完全に記憶してしまえば、
あとはシーンに応じて単語を入れ替えるだけで、
どんな場面でも英会話が簡単にできるようになってしまいます。

七田式の実績(文化功労賞、日本アカデミー賞、国連平和賞)がその効果を保証します。

世界の「七田式」の最新英語教材。600のネイティブ英会話フレーズを
60日で完全記憶して英会話マスター

          
          
          
          
          
          
          

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

大量の情報を急速に長期に記憶するための技術 TOP » 人生を変える記憶術のノウハウ 【英会話 最短マスター記憶術】 » 英単語・熟語を大量に記憶する方法とは