物忘れをしないための克服法 | 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

物忘れをしないための克服法

物忘れをしないための克服法の基本となるのが、
物事を何回も反復して記憶する方法です。
人間の脳というものは、時間が経過すると、
しだいに忘れるようになっています。

簡単な2点の物忘れ克服法を日常の生活の中で実践することにより、物忘れを防止することができます。

最近忘れっぽいとか、
ついつい物忘れをしてしまうことがよくありませんか。

年齢を重ねると物忘れが
知らず知らずにひどくなってきます。

あまりにも頻繁に物忘れをしてるようでは、
勉学はもちろん、仕事や日常生活に、
支障をきたすことになりますから、
なにかしらの対策が必要となってきます。

物忘れをしないための克服法の基本となるのが、
物事を何回も反復して記憶する方法です。

人間の脳というものは、時間が経過すると、
しだいに忘れるようになっています。

記憶したそのときには強く頭に刻み込んでいても、
時間が経過すると簡単にあっさりと、
忘れてしまうことが多々あります。

それを防止するためには、
適度な間隔で反復して記憶することが必要です。

記憶は大体1時間経過すると
半分を忘れてしまうといいます。

ですから1時間ごとに
思い返すようにするのがポイントです。

1時間が無理なら1日間隔でもかまいません。

さらに特筆すべきは、
記憶をいかにするかというやり方であります。
それは、文字情報を単純に頭に入れ込もうとはせずに、
イメージやビジュアルを混ぜた形にして頭に刻み込むと、
実際にも忘れにくくなります。

簡単な例を示しますと、
外出で傘を持っていかなくてはならない場合、
雨が降り出して傘をさして歩く姿を
頭にイメージしながら覚えることは、
単純に傘が必要だと思うよりも、
忘れにくくなります。

以上の簡単な2点の物忘れ克服法を
日常の生活の中で実践することにより、
物忘れを防止することができます。

イメージを活用する記憶法の基本についても、
このノウハウで獲得することができます。

↓↓↓

          
          
          
          
          
          
しちだ教育研究所が35年という年月をかけて
研究開発した記憶メソッドを全面的に取り入れ、60パターン600フレーズという
膨大な英会話フレーズを完全記憶する方法の開発に成功しました。

これだけのフレーズを完全に記憶してしまえば、
あとはシーンに応じて単語を入れ替えるだけで、
どんな場面でも英会話が簡単にできるようになってしまいます。

七田式の実績(文化功労賞、日本アカデミー賞、国連平和賞)がその効果を保証します。

世界の「七田式」の最新英語教材。600のネイティブ英会話フレーズを
60日で完全記憶して英会話マスター

          
          
          
          
          
          
          

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

大量の情報を急速に長期に記憶するための技術 TOP » 人生を変える記憶術のノウハウ 【英会話 最短マスター記憶術】 » 物忘れをしないための克服法