語学力と記憶力との関係を考えてみます | 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

語学力と記憶力との関係を考えてみます

この語学マスターメソッドで、
驚きの記憶方法が学べます。
単語を記憶することで、
記憶の楽しさ・喜びを
実感と体感で感じとってみてください。

要領よい記憶を知っておくのと知らないとでは、語学マスターに雲泥の差がつきます。

最近のニュースでは、
大企業では社内で英語を使うことを
義務付けているということが、
話題になっていますね。

楽天、ソニー、などなど、
今後はどんどん増えていくことになるのは必然です。

そうです、
いまや、ビジネスの場では、
英語をはじめとする語学力が問われる時代となっているのです。

グローバルなこの時代、国際化が急速に進むなか、
ビジネスにおいては、語学力、特に英語力は
ビジネスパースンの必須スキルとなっています。

語学力をつけるうえで、
語学力と記憶力は、
きってもきれない関係性・相関性があります。

まず第一に考えてもらいたいのは、
非常に基本となるところの、

単語と熟語

決められた発音や意味、言い回しを
いの一番に記憶することが必要であります。

その過程で、特に、単語は記憶力が
大きく大きくものを言います。

言葉を把握する能力というと
左脳が制御している印象がありますが、
あくまで日本語、つまり母国語の場合です。

また、外国語を身につける場合には
右脳の活性化も必要不可欠になってきます。

人間の右脳には、
音の認識や情報を高速に処理する機能を持っています。

外国語を習得するためには、
まだ耳に慣れない言語を
生の「音」としてしっかりと把握し
聞き取れることが必要です。

つまり、その場で1度に聞き取った情報を、
迅速に処理する必要があります。

それはそのまま記憶力と直接的に関係するのです。

以上のように、
語学力と記憶力との間には非常に密接な関係があります。

語学力を高めるためには、
まず記憶力を高めることが必要になります。

外国語を学習するときに、
まずぜひともおさえておきたい
重要なポイントとなります。

英語であれ、日本語であれ、
語学習得の大原則は、
単語を数多く覚えるところから始まります。

花より団子=単語です。

そのためには、
要領よい記憶を知っておくのと知らないとでは、
語学マスターに雲泥の差がつきます。

そのために、
記憶を驚異的に伸ばすノウハウを受け取ってください。

↓↓↓

          
          
          
          
          
          
しちだ教育研究所が35年という年月をかけて
研究開発した記憶メソッドを全面的に取り入れ、60パターン600フレーズという
膨大な英会話フレーズを完全記憶する方法の開発に成功しました。

これだけのフレーズを完全に記憶してしまえば、
あとはシーンに応じて単語を入れ替えるだけで、
どんな場面でも英会話が簡単にできるようになってしまいます。

七田式の実績(文化功労賞、日本アカデミー賞、国連平和賞)がその効果を保証します。

世界の「七田式」の最新英語教材。600のネイティブ英会話フレーズを
60日で完全記憶して英会話マスター

          
          
          
          
          
          
          
単語を記憶することで、
記憶の楽しさ・喜びを
実感と体感で感じとってみてください。
       
         
         
         

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

大量の情報を急速に長期に記憶するための技術 TOP » 人生を変える記憶術のノウハウ 【英会話 最短マスター記憶術】 » 語学力と記憶力との関係を考えてみます