記憶力を上げ成績を向上させる勉強法とは!? | 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

記憶力を上げ成績を向上させる勉強法とは!?

歴史の例だと、有名な所では、燦然と輝くエジプト文明がありますね。
紀元前3000年前にエジプト文明が起きたことを、
さんぜんと=燦然とで、覚えるので、頭にすんなりとはいってしまいます。

自分に興味がある対象に置き換える勉強法を試みてみましょう。

学校や会社や様々な場で成績を上げるためには、
勉強法が大切なことはいうまでもありません。

学習塾に通ったり、いろいろな参考書や学習書を買って読むなど
さまざまな勉強方法があります。

思ったより効果が無かった、お金がかかっただけだったなど、
対費用効果や時間効果が期待以上うまくいかなかったケースは、
多くの方が経験されたことだと思います。

お金をかけずに、時間を抑えて、成績を上げるにはどうすればいいか? 
この答えは、記憶力を上げて、
対費用効果・時間効果を最大限に上げることです。

記憶能力を上げるのです。

記憶を上げることによって、時間を最短にし、
費用も最小にすることが納得いただけるかと思います。

暗記という言葉から何をイメージするでしょうか?

ただ単に単語や漢字や知識を頭に叩き込む、
無味乾燥なイメージを思いおこす人が多いかと思います。

しかし、暗記で覚えて知識は応用を利かせるためには
必ず必要な過程のひとつであり、そのためにも、
記憶を効果的に進める記憶力は重要なポイントなります。

ひとつ効果的な記憶力を上げる方法を上げてみましょう。
覚えるべき知識を、自分自身に興味のある対象に置き換える方法です。

具体的な例を示します。
英語の単語や、歴史上の出来事、世界史の人名などを
暗記するときに応用できます。

単語の場合だと、その単語を頭の中で思い浮かべ、
自分の興味のあるネタに置き換えて覚えるのです。

自分だけのネタと単語との間に関連があるかどうかは
まったく関係ありません。

空耳感覚で覚えてしまうのです。

こじつけであろうと、屁理屈であろうと、自分の頭の中で、
しっかり英単語をキープする、それだけです。

この方法だと一生忘れることができません。

歴史の例だと、有名な所では、燦然と輝くエジプト文明がありますね。
紀元前3000年前にエジプト文明が起きたことを、
さんぜんと=燦然とで、覚えるので、頭にすんなりとはいってしまいます。

私はいまだに覚えています。、
もちろんこれは一例で、他にも隠しネタが盛りだくさんです。

この暗記作業をどんどんやっていくと暗記できる量が増え、楽しみになり、
その結果自然と成績はあがっていきますので、これもまた楽しいことになり、
相乗効果は計り知れません。

どのような方法をとろうと暗記は覚えたもの勝ちです。

ぜひとも、このこじつけ、いや、自分に興味がある対象に置き換える勉強法を試みてみましょう。

↓↓↓

          
          
          
          
          
          
しちだ教育研究所が35年という年月をかけて
研究開発した記憶メソッドを全面的に取り入れ、60パターン600フレーズという
膨大な英会話フレーズを完全記憶する方法の開発に成功しました。

これだけのフレーズを完全に記憶してしまえば、
あとはシーンに応じて単語を入れ替えるだけで、
どんな場面でも英会話が簡単にできるようになってしまいます。

七田式の実績(文化功労賞、日本アカデミー賞、国連平和賞)がその効果を保証します。

世界の「七田式」の最新英語教材。600のネイティブ英会話フレーズを
60日で完全記憶して英会話マスター

          
          
          
          
          
          
          

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

大量の情報を急速に長期に記憶するための技術 TOP » 人生を変える記憶術のノウハウ 【英会話 最短マスター記憶術】 » 記憶力を上げ成績を向上させる勉強法とは!?