国家資格に合格するために記憶術を使おう | 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

国家資格に合格するために記憶術を使おう

国家資格はとくに暗記する量が多いだけに、
記憶術と並んで速読術の役割も非常に大きいといっていいでしょう。

世の中にはさまざまな速読術やトレーニング方法があります。

現代の日本は大不況の真っ只中で、
会社への就職率や会社の倒産率は悪化の一途を辿っています。
このような時代に、資格が就職や転職に
大きくアピールするのはいうまでもありません。

特に、国家資格は履歴書に書く経歴に大きな箔をつけることができ、
公の資格なだけに、非常に重要です。

国家資格の中には、司法試験や公認会計士など、
超難関で知られる国家資格もあり、
記憶する質と量は膨大なものになります。

そのような難関な国家資格に合格するためには、
どうしても記憶力が重要になるといって過言ではありません。

重要というか必要であります。

なぜならば、覚えるべき知識と情報の量が
普通に記憶するだけでは間に合わないくらい膨大だからです。

そのような国家資格に合格するための
記憶術のひとつとして挙げられているのが速読術です。

通常よりも数倍の速度で文章を読むことができる
速読術はもう世間的には認知されています。

この速読術というのは、瞬間的に処理できる情報量を
大幅に増大することによって可能になります。

よく言われることですが、あまりにも早く読むので、
速読術というと「本当に、理解して頭に入っているのか」
と疑問に思う人も多いようですが、
読んだあとの理解力テストで普通に読んだ人よりも
理解力は勝っていたという実証データがあります。

これはなぜかというと、
脳の働きを活性化することで読む速さだけでなく、
理解力や記憶力も大幅に上昇することができるのです。

情報量とスピードが高まれば、
その分、記憶できる量も増大することになります。

世の中にはさまざまな速読術やトレーニング方法があります。

国家資格はとくに暗記する量が多いだけに、
記憶術と並んで速読術の役割も非常に大きいといっていいでしょう。

この速読術を、記憶術とともに、
あなたの試験対策に試してみるのもよいかと思います。

まずは、記憶術という誰でもできる学習訓練を、
試してみてください。

↓↓↓

          
          
          
          
          
          
しちだ教育研究所が35年という年月をかけて
研究開発した記憶メソッドを全面的に取り入れ、60パターン600フレーズという
膨大な英会話フレーズを完全記憶する方法の開発に成功しました。

これだけのフレーズを完全に記憶してしまえば、
あとはシーンに応じて単語を入れ替えるだけで、
どんな場面でも英会話が簡単にできるようになってしまいます。

七田式の実績(文化功労賞、日本アカデミー賞、国連平和賞)がその効果を保証します。

世界の「七田式」の最新英語教材。600のネイティブ英会話フレーズを
60日で完全記憶して英会話マスター

          
          
          
          
          
          
          
記憶の容量を引き上げる重要な点が、ここでお分かりになります。
           
         
           
           

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

大量の情報を急速に長期に記憶するための技術 TOP » 人生を変える記憶術のノウハウ 【英会話 最短マスター記憶術】 » 国家資格に合格するために記憶術を使おう