右脳と左脳の両脳を活性化するためのトレーニング方法について | 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

右脳と左脳の両脳を活性化するためのトレーニング方法について

右脳と左脳、両方の脳を活性化することによって、
記憶力アップ、発想力アップ、想像力アップなどの
効果を期待することができます。

右脳と左脳を両方うまく活用できるトレーニングがあります。

右脳、左脳、いずれかの脳だけではだめで、
右脳と左脳の両方を活用する重要性が指摘されています。

イメージやビジュアルを司る右脳、
とりわけ、この右脳を効率よく活用することが
重要なポイントであります。

右脳と左脳、両方の脳を活性化することによって、
記憶力アップ、発想力アップ、想像力アップなどの
効果を期待することができます。

このような右脳と左脳の活性化のトレーニング方法では
イメージやビジュアルを活用することが重要になります。

簡単に説明すると、言語を司る左脳、イメージを司る右脳
この両脳の機能をうまく結合させて、相乗効果を得るのです。

歴史の年号、英語の単語や熟語、漢字や格言など、
そのまま言葉を記憶するには、限度があります。
このような暗記作業をする場合、
どうしても言葉だけを詰め込んでしまいます。

まずなにより暗記作業が無味乾燥で嫌気がします。

しかし、その数字や言葉を頭の中で
いったんビジュアルにイメージすることで、
単純な暗記作業よりも、楽しみが増し、
その結果、
より右脳を活動させ、記憶力をアップさせることができます。

ですから、暗記をするときは、
ビジュアルとイメージの両方を思い念じて、
実践すると効果的であります。

ビジュアル化やイメージ化のトレーニング方法としては、
パズルや知能ゲームなど、
目や耳から入る情報も駆使したものが効果的です。

DSなど脳力アップのソフトがいまでも大人気です。

文字や言葉だけでは、なかなか記憶できにくかったものが
テレビやゲームで紹介された途端に、
人々の記憶にに残るというケースもよくあります。
それも右脳が活動しているからです。

少し前にユーチューブが爆発的に認知されたケースを
考えるとわかりやすいです。

あれは動画です。

ビジュアルな情報は、頭に入りやすいのです。

以上のことからわかりますように、
右脳と左脳を両方うまく活用できるトレーニングを
毎日の生活の中でぜひとも試してみましょう。

そういえば、こちらにも、
楽しみながら脳力をアップする方法が書かれていました。

↓↓↓

          
          
          
          
          
          
しちだ教育研究所が35年という年月をかけて
研究開発した記憶メソッドを全面的に取り入れ、60パターン600フレーズという
膨大な英会話フレーズを完全記憶する方法の開発に成功しました。

これだけのフレーズを完全に記憶してしまえば、
あとはシーンに応じて単語を入れ替えるだけで、
どんな場面でも英会話が簡単にできるようになってしまいます。

七田式の実績(文化功労賞、日本アカデミー賞、国連平和賞)がその効果を保証します。

世界の「七田式」の最新英語教材。600のネイティブ英会話フレーズを
60日で完全記憶して英会話マスター

          
          
          
          
          
          
          

今すぐ確認しておいてくださいね。
内容はたいへんすぐれたものですから、ご検討ください。
 
       
       
         
         
      

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

大量の情報を急速に長期に記憶するための技術 TOP » 人生を変える記憶術のノウハウ 【英会話 最短マスター記憶術】 » 右脳と左脳の両脳を活性化するためのトレーニング方法について