教科書や参考書を効率的に記憶するポイントとは? | 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

教科書や参考書を効率的に記憶するポイントとは?

周囲の環境、目に見える風景、聞こえてくる物音、
その場所への行き来で、出会ったことが、
勉強した内容と伴って、頭に深く刻み込まれます。

暗記作業はイメージやビジュアルと合わせて覚えると能率的です。

試験に合格するためには、教科書と参考書は必ず必要であることは、
いうもでもありません。

どのような役立つ参考書を選択するか、また、選択した参考書を、
どれだけうまく活用することができるかが、合格へのキーとなります。

地道にコツコツと公式や問題をこなして記憶していくことが必要ですが、
1冊ではなく2冊、より多くの参考書を頭に入れていくためには、
能率的で効果的な勉強法が、時間の無い人にとって大切です。

自己流で当たり前にやっても、効果的に覚えるという点では、
無駄が多く、やはり難しいものです。

教科書や参考書を効率的に覚える方法のひとつに、
環境や場所をいつもとは変えて勉強するという方法があります。

いつもと同じ場所ではなく、
日によって場所や環境を変えて学ぶのです。

周囲の環境、目に見える風景、聞こえてくる物音、
その場所への行き来で、出会ったことが、
勉強した内容と伴って、頭に深く刻み込まれます。

後になって記憶した内容を思い出すときに、
出来事や音声や光景ととともに、
記憶した内容が呼び戻されることになるからです。

暗記作業はイメージやビジュアルと合わせて覚えると能率的です。

なぜならば右脳を効率的に使うことができるからです。

この方法は少しひとひねりしたコツで、
右脳を活用する方法のひとつといえます。

いつもの部屋に閉じこもりで勉強するのではなく、
ときどきは場所や環境を変えて勉強してみましょう!

参考書や教科書をなかなか覚えられない人は、
このレポートが助けになります。

自分の記憶を増量したい人は、必ず、読んでください。

↓↓↓

          
          
          
          
          
          
しちだ教育研究所が35年という年月をかけて
研究開発した記憶メソッドを全面的に取り入れ、60パターン600フレーズという
膨大な英会話フレーズを完全記憶する方法の開発に成功しました。

これだけのフレーズを完全に記憶してしまえば、
あとはシーンに応じて単語を入れ替えるだけで、
どんな場面でも英会話が簡単にできるようになってしまいます。

七田式の実績(文化功労賞、日本アカデミー賞、国連平和賞)がその効果を保証します。

世界の「七田式」の最新英語教材。600のネイティブ英会話フレーズを
60日で完全記憶して英会話マスター

          
          
          
          
          
          
          

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

大量の情報を急速に長期に記憶するための技術 TOP » 人生を変える記憶術のノウハウ 【英会話 最短マスター記憶術】 » 教科書や参考書を効率的に記憶するポイントとは?