集中力を高めて歴史年号を記憶する能率的な作業とは | 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

集中力を高めて歴史年号を記憶する能率的な作業とは

歴史の新年号を覚えるとき、
思うように集中力が上がらない場合は、
このレポートを応用することで、
面白くさらに効果的に勉強できます。

丸暗記といっても詰め込むだけではしょせん無理というものです。

通常は、歴史を勉強する上で大きなネックとなるのが、
歴史の年号を覚えることですね。

世界史、日本史と、歴史上の出来事が起こった年号を、
いろいろと覚えさせられたものでしょう。

日本史で言えば、現在は
天皇一代につきひとつの年号が使われていますが、
かつては縁起をかついだり、
何か重大な出来事が起こるたびに
年号を変更していたので、
とくに混乱の種となってしまいます。

この歴史年号については丸暗記が
もっとも近道と言われています。

西暦とセットでまるまる覚えてしまうのです。

そのためには集中的な勉強が重要になるでしょう。

丸暗記といっても詰め込むだけでは
しょせん無理というものです。

起点となるような年号を設定したうえで
前後を覚えていくという方法が便利です。

起点となる年号は重要な事件が起こった年号でもよいですし、
単に西暦が覚えやすい年号でもかまいません。

時間をかけてじっくり覚えるよりも短期間で集中的に
覚えてしまった方が暗記しやすいでしょう。

こじつけでも年号は覚えたもの勝ちです。

集中力を高めたうえで、一気呵成に
短期決戦で記憶してしまいましょう。

それでも意外に年をとっても記憶しているものです。

無味乾燥な勉強の中で、
かえって比較的潤いのある勉強は、
歴史のイベントを年号で覚える作業だった
という人はけっこう多いのです。

歴史の新年号を覚えるとき、
思うように集中力が上がらない場合は、
このレポートを応用することで、
面白くさらに効果的に勉強できます。

↓↓↓

     
             
          
          
          
          
          
          
しちだ教育研究所が35年という年月をかけて
研究開発した記憶メソッドを全面的に取り入れ、60パターン600フレーズという
膨大な英会話フレーズを完全記憶する方法の開発に成功しました。

これだけのフレーズを完全に記憶してしまえば、
あとはシーンに応じて単語を入れ替えるだけで、
どんな場面でも英会話が簡単にできるようになってしまいます。

七田式の実績(文化功労賞、日本アカデミー賞、国連平和賞)がその効果を保証します。

世界の「七田式」の最新英語教材。600のネイティブ英会話フレーズを
60日で完全記憶して英会話マスター

          
          
          
          
          
          
          

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

大量の情報を急速に長期に記憶するための技術 TOP » 人生を変える記憶術のノウハウ 【英会話 最短マスター記憶術】 » 集中力を高めて歴史年号を記憶する能率的な作業とは