2013年6月 のアーカイブ | 大量の情報を急速に長期に記憶するための技術

教科書や参考書を効率的に記憶するポイントとは?

周囲の環境、目に見える風景、聞こえてくる物音、
その場所への行き来で、出会ったことが、
勉強した内容と伴って、頭に深く刻み込まれます。

→『教科書や参考書を効率的に記憶するポイントとは?』の詳細ページへ

命の消化、時間の昇華

時間は有限で、本当に尊いということを。
ですから私は、記憶の容量を上げるために、いろいろな記憶術を、自分なりに使っています。
なぜならそれが、時間の密度を上げてくれるから。

→『命の消化、時間の昇華』の詳細ページへ

記憶力を上げ成績を向上させる勉強法とは!?

歴史の例だと、有名な所では、燦然と輝くエジプト文明がありますね。
紀元前3000年前にエジプト文明が起きたことを、
さんぜんと=燦然とで、覚えるので、頭にすんなりとはいってしまいます。

→『記憶力を上げ成績を向上させる勉強法とは!?』の詳細ページへ

5つの脳力に隠された謎

今回は徹底して問いますよ?
ここで一度リセットして、少し覚えることに対して、真剣になってみてください。
ちょっとだけ本気になって、考えてみてほしいんです。
勉強、だけじゃなくても、仕事も、趣味も、同じことがすべて言えます。

→『5つの脳力に隠された謎』の詳細ページへ

国家資格に合格するために記憶術を使おう

国家資格はとくに暗記する量が多いだけに、
記憶術と並んで速読術の役割も非常に大きいといっていいでしょう。

→『国家資格に合格するために記憶術を使おう』の詳細ページへ

大量の情報を急速に長期に記憶するための技術 TOP » 2013年6月 のアーカイブ